FC2ブログ
ホーム >  ・カイダック > カイダック フロントフォークプロテクター 補修補強

カイダック フロントフォークプロテクター 補修補強

カイダックパーツ 耐久性チェック? の流れより・・・
http://konnandoo.blog102.fc2.com/blog-entry-608.html

カイダック フロントフェンダーとフロントフォークカバー

フロントフォークのプロテクターは トライアル車に乗り始めて 最初に取付けたプロテクター。

転んで 運が悪ければインナーに傷が入って オイルだだ漏れ。

昔は、市販のプロテクターを使っていたのですが
自作カイダック製では より広範囲をカバーできるように大きく作り
インナーの傷防止に 大いに役立っています。

参考:カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作 http://konnandoo.blog102.fc2.com/blog-entry-544.html


フロントフォーク プロテクター(ガード)

取り付けの不具合で 左側だけクラックが入ってしまいました。

上に見える油圧ホースのガイド
フロントフォークがストロークする度に当たって クラックが入ってしまったと想像します。

ガイドはプロテクターが当たらないように 上に移動。
 ※不具合は気づいたら直ぐに直しましょう。 そのままにしておくと被害が広がっちゃう。

カイダック フロントフォークのアウター

転倒して岩にヒットすると アウターケースが凹んでしまう事もあるようなので クラックの補修と補強をする。

プロテクターは、傷を防げれば良いと思っていたので1mmを使ったのですが 補強材には2mmを使用。


カイダック ラジペンで掴んでヒートガンで加熱

カイダックを切り出して ヒートガンで加熱

ラジペンで掴むと 熱くないよ。


バイクを倒して 温めたカイダックをフォークに乗せ
「成型用スポンジ」で押し込んで 一気に成型します。

カイダック フロントフォークプロテクター成型

下側は 綺麗に成型できました。


余分な部分を「強力万能バサミ」で切り落とし
上部だけを部分加熱して 耐熱グローブで成型します。

カイダックは熱を加えると戻ってしまうので 成型したい部分だけを加熱しますが

耐熱グローブは 加熱したくない部分を覆うのにも使えます。


カイダック フロントフォークプロテクター成型

加熱部分が柔らかくなったら 耐熱グローブで掴んで グリップを回すように成型すれば出来上がり。


クランパーで固定して 「サンアロー接着液」を流し込み接着すれば 完成です。

カイダック フロントフォークプロテクター

カイダック フロントフォークプロテクター


そういえば・・・ 倒立フォークのカバーには パーツクリーナーの缶が バッチリ型に使えるそうですよ。

カイダック 倒立フォークのプロテクター

透明カイダックを使えば 取り付け位置も見えて加工がしやすいね。


しっかり フロントフォークを守って貰いましょう。



カイダックバナー640




関連記事
関連するタグ  カイダック
[ 2019/07/10 18:01 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する