フロントガラスの凍結を防ぐ「霜とりくん」  便利グッズ・アイデア商品の『こんなん堂』 店長BLOG

なんかおもしろいこと なぁ~い? こんなん堂の店長ブログです。

ホーム >  ・アイデア商品 便利グッズ > フロントガラスの凍結を防ぐ「霜とりくん」 

フロントガラスの凍結を防ぐ「霜とりくん」 

寒い日がつづきますが、冬に便利なカー用品の紹介です。

凍結したフロントガラス

冬の寒い朝 車に乗ってる方なら一度はフロントガラスが凍り付いて困ったことがあると思います。

私が住んでいる遠州では あまりありませんが、
スキーに行って フロントガラスが凍結なんてことはよくありました。 前が全然見えないのね。

デフロスターを使っても なかなか溶けないし、スクレーパーでガリガリ霜取りをしたものです。

車通勤の方なら遅刻モノです。


もっと寒い地方の方は、フロントガラスに毛布やカバーなどを掛けているのかな?
JAFのホームページにもありましたが、フロントガラスの凍結防止には この方法が一番有効な様です。

今回ご紹介する 「霜とりくん」 は、そんな凍結防止カバーなのですが
取り扱いが大変楽なのです。 毎日使うものですから、この辺はとっても重要!


まず取り付け方法ですが、 「霜とりくん」 を開いてフロントガラスに乗せるだけ。
上部にあるマグネットの入った固定帯を屋根にくっ付けて、ワイパーで本体を挟めば完了です。

霜とりくん 凍結を防ぎ

こんな感じで凍結を防ぎます。

霜とりくん 立てかけて置けるから 干す場所にも困りません。

収納時はコンパクトに折り畳むことができて、ポリエステルのメッシュ素材ですから乾きも早く
立てかけて置けるから 干す場所にも困りません。


フレームで形がしっかりしている「霜とりくん」だから 取り扱いが簡単なのね。

毛布やシート状のもだと取り付けも大変ですし、乾きにくかったり、干す場所などにも困ります。

そんな訳で 「霜とりくん」  とっても お奨めです。


使用上の注意点も。
車のボディーは意外と大きいので、取り付け取り外し時に、踏み台があった方がよいと思います。
装着は帯の中に入った磁石でルーフ部にくっ付けますが、
丁寧に扱わないとボディーを痛める恐れがありますので ご注意下さい。

また破損・破れ・その他の異常がある場合は直ちにご使用をやめてください。
強風時には外しておいた方がよいかもしれませんね。





霜とりくん

サイズ展開です。 フロントガラスの大きさによって選んで下さい。
Sサイズ :750x450(パネル部)+マグネット付きの固定帯 230*50 ×2枚セット
LLサイズ:900x900(パネル部)+マグネット付きの固定帯 280*50 ×1枚

目安としては、フロントガラスの上下寸法が900mm以下の車であれば「Sサイズ」
900mm以上であれば「LLサイズ」をお奨めします。


スバル サンバー 霜とりくん Sサイズ

スバル サンバー フロントガラス上下サイズ約650mm
こちらですと 「Sサイズ」が適応。


アイシス 霜とりくん Sサイズ

トヨタ アイシス  フロントガラス上下サイズ約900mm
「Sサイズ」でも、固定帯の長さが230mmありますから、
下をワイパーに挟んだ状態で マグネットがルーフまで届けば使えますが

アイシス 霜とりくん LLサイズ

フロントガラス上部まで覆える「LLサイズ」の方が良いと思います。
1枚ですので取り付けも1枚で済みます。

霜とりくん 車内から視界を確保できます。

これで車内から視界を確保できます。

寒い冬の車通勤でも 余裕を持って迎えられますな。


路面の凍結にも十分注意して安全運転で

路面の凍結にも十分注意して 安全運転でお願い致します。


「霜とりくん」 http://www.konna.jp/shop/goods/A208.htm



参考:
JAF|寒冷地でフロントガラスの凍結を防ぐには? http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2014_45.htm







関連記事
関連するタグ  霜とりくん
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する