便利グッズ・アイデア商品の『こんなん堂』 店長BLOG

なんかおもしろいこと なぁ~い? こんなん堂の店長ブログです。

ホーム > アーカイブ - 2016年12月

カイダック ケースカバー ガード製作

カイダック ケースカバー プロテクター製作(クラッチケースカバー、ダイナモカバーガード)

Montesa cota315R カイダック クラッチケースカバーガード

以前乗ってたトライアル車は、クラッチカバーの真ん中にクラックが入っていました。
前オーナーが補修してくれてましたが、転倒したときに割ってしまうことがあるのよね。

今乗っているセローも、岩にヒットさせてケースカバーを割ってしまったことがあります。
そうするとオイルダダ漏れで走行不能に。
そんな訳で、セローのケースカバーガードも作りましたが
お山へは補修用のパテを持って走るようになりました。

でも、できるなら割りたくないよね。
そんな訳で、Montesa cota315Rも ケースカバーのガードを製作しました


カイダックは、2mmブラック を使用

カイダックは、ツルツルした面と、ザラザラした面があるのですが
ブラックは成型の荒や傷も目立つので
ブラックでガード類を作る時は、ザラザラしたシボのある面を表にして成型しています。
マットな感じで好きです。

Montesa cota315R カイダック 切り出し

いつもどおりコピー用紙の裏紙で型を取って、金切りバサミでカイダックを切り出します。
今回は成型時に少しズレてしまって、成型をやり直しました。
成型してからカットするので、大きめに切っておいた方が宜しい様で。
どちらが上か? 位置決めになる場所なども、マジックで印しておくと分かりやすいです。

ケースカバーなど、平らな部分の多いパーツは、
最初に低反発スポンジを使って成形します。
カセットコンロでフニャフニャになるまで加熱して
あまり大きくない部品なので、「耐熱グローブ」 でないと熱い。

カイダック 耐熱グローブがあると熱くありません。

クラッチ側は、カバーを外して成型しました。
机に置いた低反発スポンジに沈め込むように押し当てて成型します。
しっかり押さえ込んであげると「HRC」の文字まで浮き上がってきますよ。
ここは一発で決めたいところです。

カイダック クラッチケースカバーガード 低反発スポンジで成型

ダイナモ側は車体に付けたまま成型しましたが
面積が広い部品は、低反発スポンジに板を当てがって、均一に力が掛かる様にすると綺麗に仕上がります。

Montesa cota315R カイダック ダイナモカバーガード

淵側はどうしてもシワが寄るので、ヒートガンで部分的に加熱しながら成形します。
何回も加熱・成型を繰り返すので、「位置決めになる部分」を最初に作っておきましょう。

部分的に修正する時は、ヒートガンで加熱して波打っていたところが戻ってきたら頃合いです。
綺麗に成形出来ている所は、なるべく加熱しない様にします。

加熱できたら片手でカイダックが動かない様に固定して、もう片方の手で成形。
耐熱グローブでカイダックを抑え込むだけでは上手く成形出来ません。
手をゆっくり動かして、シワが出ない様に流しながら
カイダックが冷えるまで繰り返します。

ボルトが入る部分は、ソケットレンチが入るようにしたいので
ソケットレンチを押し当てて成型したり、切り取ったりすると
ガードと一緒にカバー類を取り外せて、整備性がよろしい。

今回、ボルト穴部分はカバーしませんでしたが
パーツによってはボルトで共締めできるように被ってしまって
後からボルト穴を開けても良いかもしれません。 ボルトが緩みやすくなるかな?

成型できたら不要な部分を切り取って、必要があればさらに成型して
ヤスリで整えて完成です。

Montesa cota315R カイダック ダイナモカバーガード

取り付けは強力両面テープで取り付けましたが、厚手の両面テープなら多少はクッションの役割も果たすか?
最初に作ったセローのガードは、間にウレタンスポンジをかませて、ショックを吸収できるようにしていました。

Montesa cota315R カイダック クラッチケースカバーガード

3mm厚のカイダックで作れば、さらに強度が上がります。

プラスチックのガードなので過信は禁物ですが
ちょっとした転倒で、カバー破損ってことはなくなるかな。





カイダックバナー640

「耐熱グローブ」 もお薦め! http://konnandou.com/?pid=111044228


※明日29日まで営業していますので、年内のお届けもOKです。





関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2016/12/28 18:49 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

毎年恒例のしらやなぎでトライアル & 年末BBQ

最近はトライアル練習にはめっきり顔を出さなくなってしまったけれど、BBQはなんとしても参加したいのだ。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

りきへいさんが持ってきてくれるホルモンやお肉が絶品で、ホルモン好きにはたまらんのです。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ
群がる

今年は風も無く暖かで、すこしお腹が膨れたら アホ話も入りながら、まったり のんびりできました。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ


お腹がいっぱいになったら、トライアル

しらやなぎでトライアルと年末BBQ


今年はヒルクライム大会になりました。

ターンからのヒルクライム 枯葉の下はけっこうツルツルで あーだこーだ言いながら

ターンでアクセル開けすぎると振られちゃうし、スピード乗せられないと登れないし

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

ヒルクライムに入ってからも、我慢しないと登れないし

そのまま力尽きてバイクと一緒に下まで滑り落ちたり、木に引っかかってモガイたり。
カイダックのおかげでバイクは大丈夫だけどさ、冬なのにひとり大汗掻くという。

難しいなートライアル  でも楽しいトライアル

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

今年はこれで乗り収めかな?

Montesa cota315R

浜名湖の湖畔を アベレージを聴きながら帰宅

浜名湖の湖畔を アベレージを聴きながら帰宅

今年もあと一週間 バタバタしてますが がんばるぞっと。





カイダックバナー640




関連するタグ
関連記事
[ 2016/12/26 18:20 ] ■店長のお楽しみ | TB(0) | CM(0)

2016 年末ライダースカップ

カイダックの取り付け修正に手間取ったり、コールマンのオーブンが壊れてたり

Montesa cota315R カイダックパーツ取り付け
マッドなブラックで、ちょっと引き締まった?

なんだーかんだで 恒例の七輪BBQ前夜祭に出遅れて

年末ライダースカップ 七輪BBQ前夜祭

腹減ってたおっさんに、速攻のお肉ありがとね。

七輪BBQ かにクリームコロッケ爆発噴火
かにクリームコロッケ爆発噴火

オーブンでピザを焼いてみたものの、なんだか温度が上がらない。
低温でじっくり焼いた焼イモは美味しかったけど、ピザ1枚は忘れてて炭にしちゃった。
炭火は外に出さないと酸欠で燃えないのかな? 要テスト

しかし 飲み過ぎた。夜中に気持ち悪いわ 寒いわで、よく眠れませんでした。

Montesa cota315R

いつもはセローで参加してましたが
最近お歳か?重く感じるセローでトライアルセクションはおっかないので
cotaで出ることにしました。

2016 年末ライダースカップ 開会式

年末ライダースカップ  大盛況です。

午前、スクール形式でセクションを試走  で
午後からは大会形式の採点会です。

2016 年末ライダースカップ セクショントライ

全然乗れてねー。
山走りばかりでトライアル練習しないし、滅法メンタルの弱いおっさんは
毎年ライダースカップに、下手なのを確認しに来る様な感じですが
いーんだいーんだ、久しぶりの方にもたくさん会えたし。

2016 年末ライダースカップ 表彰式

250セローにスイッチした”主”が、トレールクラス優勝!流石だ。
怪しい225 Yさん準優勝

2016 年末ライダースカップ 豚汁

恒例の温かい豚汁頂いて 終了。


私、散々な点数でしたけど、怪我もなく無事年を越せそうです。

U字溝を逆さにした1本橋セクションがあったのですが、お山にこんなとこ無いし
ビビって そこから落ちて、チェーン外れるわ 5点食らうわ

帰ってから覗いてみたら、付けたばかりのカイダックのスイングアームプロテクターに、しっかり傷が付いてました。

スイングアーム カイダックプロテクターにしっかり傷

新車購入の車両なら、即効でカイダックプロテクターを付けたいところです。

トライアル練習も、少しはやらないとダメね。



今回作ったカイダックの製作レポートも、ぼちぼちUPする予定です。


カイダックバナー640





関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2016/12/20 21:22 ] ■店長のお楽しみ | TB(0) | CM(0)

カイダック成型に「耐熱グローブ」

今週はちょこちょこ時間を取って、カイダックで Montesa cota315R のプロテクター類を製作しておりました。
クランクケースカバーのプロテクター、Fフォークガードに、スイングアームのプロテクター
Rブレーキローターのカバーに、Fフェンダーもちょいと手直し。
カイダックで製作したMontesa cota315Rプロテクター類
納得の仕上がり。
まだ取り付けは終わってないので、全体の写真は明日にでも載せよう。
P.S. はい こんな感じで取り付きました。
これで外装樹脂パーツは、ほぼ自作カイダックパーツに変わってます。
Montesa cota315R カイダックパーツ取り付け
マットなブラックで、ちょっと引き締まった。
少し前から、「耐熱グローブ」を使っているのですが
今回は、これが大活躍しました。
耐熱グローブ 耐熱温度350℃!ヒートガンの熱を直接耐熱グローブにあてても、ある程度でしたらいけます。
今までは普通の作業用グローブを使っていたのですが、
カイダックを加熱したり成型したりする時に熱いんですわ。 もー 火傷しそう。
でもね この「耐熱グローブ」は、耐熱温度350℃!
耐熱グローブ カセットコンロでカイダックを加熱するときも熱くないし、燃えません。
見た目は普通の軍手みたいですけど
外側の素材に、耐熱性と高弾性率をもつ繊維ケブラーKevlar と
耐熱耐炎性で信頼されるノメックスNomex を使っているので
カセットコンロでカイダックを加熱するときも熱くないし、燃えません。
小さなパーツは、カイダックを加熱するときに
耐熱手袋にも熱があたってしまいますが、温かくなったなー程度で済みます。
試しにヒートガンの熱を直接耐熱グローブにあてても、ある程度でしたらいけます。※真似しないでね。
耐熱グローブ 耐熱温度350℃!ヒートガンの熱を直接耐熱グローブにあてても、ある程度でしたらいけます。
調子こいて、Rブレーキローターのカバーを作るときに
2mm厚の小さなカイダックを直に手に持って
カセットコンロでフニャフニャになるまで加熱して(ちょっと熱いかな?) 型に被せて
思いっきり低反発スポンジに押し付けたら、熱くなったグローブが手にも押さえつけられて、けっこう熱かった。
耐熱グローブ 熱くなった耐熱グローブを低反発スポンジに押し付けたら熱かった。
作業用手袋でやってたら火傷するところでしたが
小さなパーツは、ラジオペンチか何かで掴んで加熱する方がいいかな。
ヒートガンで部分的に加熱する程度なら、全然問題ありません。
スイングアームのプロテクターを加熱修正しているときに
反対側まで熱が当たってしまって、成型が完了している部分まで変形してしまいました。
こんな時は、「耐熱グローブ」で熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。
耐熱グローブ 熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。
細かい部分を成型するときは、手袋を滑らせるように成型していくのですが
耐熱グローブは、柔らかい素材なので手にもなじみ、作業がし易い。
耐熱グローブ 手にもなじむので、細かい部分を成型するときも使い易い
サイズはフリーサイズ。
大きめですが、手袋をはめたり外したりする時もやり易いので
大きめな方が使い易いと思います。  でも、女性には大きいのかな?
もう1点、この耐熱グローブの良いところ。
「洗濯出来るんです。」
皮の手袋などだと、水で洗うと硬くなってしまうことがありますが
この耐熱手袋は洗濯OK! 汚れてしまったら手洗いしましょう。
各パーツの製作レポートは、おいおい上げていこうと思います。
日曜日の年末ライダースカップには、Montesa cota315R で出場予定です。
カイダックプロテクターで、たくさん転んでも大丈夫。
「耐熱グローブ」 詳しくは こちらをご覧下さい。   http://konnandou.com/?pid=111044228
耐熱グローブ
関連するタグ  カイダック 耐熱グローブ
関連記事
[ 2016/12/16 18:55 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブページ ▲▲-->