便利グッズ・アイデア商品の『こんなん堂』 店長BLOG

なんかおもしろいこと なぁ~い? こんなん堂の店長ブログです。

カイダック スイングアーム プロテクター製作

カイダック スイングアーム プロテクター製作

スイングアームは、ガレ場などを走ると直ぐに傷付いてしまいます。
自分の Montesa cota315R は、知人に譲って貰ったもので
平谷や近くのガレ沢もガンガン走っているので、既に傷だらけですが
新車なら、直ぐに作って取り付けたいものです。

作り方は、 フロントフォーク プロテクター(ガード)製作 などを参考にして貰えば良いと思いますが
気づいたことを追記。

強度は必要無く、傷防止に使うので、カイダック1mm ブラックを選択。

スイングアームは車体から外さずに、ホイル、スタンド、チェーンガード類など
邪魔になりそうなものだけ外して作りました。

カイダック スイングアーム プロテクター製作

こんな感じ。 最初は低反発スポンジで、細かい部分は耐熱グローブで修正。

スイングアームプロテクターは、スイングアームを被うように成型しましたが
加熱修正しているときに、反対側まで熱が当たってしまって、成型が完了している部分まで変形してしまいました。

耐熱グローブ 熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。

こんな時は、「耐熱グローブ」 で熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。
この程度なら、耐熱グローブをしてれば熱くありません。


左側のプロテクターを作っている時に、カイダックをカセットコンロで加熱してスイングアームに当てたら
なぜか短い? 縮んだのか?

カイダック スイングアーム プロテクター製作

加熱すると縮むこともあるので、大きめにカットした方が良さそうです。
今回は、まあイイや って、そのままにしましたが
縮んでも、温めたカイダックは先端を摘んで伸ばせば対応出来る場合もあります。


取り付けは、ネジの共締めとタイラップを使いましたが
取り付け穴の位置決めに、タッチペンを使うとマーキングできます。

カイダック 取り付け位置はタッチペンでマーキング

スイングアームのネジ部にタッチペンを塗って、その上にカイダックカバーを被せると
乾いてないタッチペンの痕がカイダックに付くので、マーキングされた位置に穴を開けて取り付け完了。

カイダック スイングアーム プロテクター製作



年末ライダースカップで、U字溝を逆さにした1本橋から落ちて、早速傷つけちゃった。

スイングアーム カイダックプロテクターにしっかり傷

新車購入の車両なら、即効でカイダックプロテクターを付けたいところです。




カイダック スイングアーム プロテクター製作




カイダックのご購入はこちらから。 アイデア商品の『こんなん堂』
カイダックバナー640


「耐熱グローブ」 詳しくは こちらをご覧下さい。 http://konnandou.com/?pid=111044228



関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2017/02/05 18:13 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

Montesa cota315R のフロントフォークのアウターとインナー 一体型のプロテクター(ガード)を作りました。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

傷防止に使うので、カイダック1mm ブラックを選択。 薄い板だと成型も楽です。
今回もザラザラしたシボのある面を表にして成型しました。マットな感じで好きです。

いつもどおりコピー用紙の裏紙で型を取って、金切りバサミでカイダックを切り出し

アウター側は、カイダックをそのまま被せて成型すれば良いのですが
インナー側は、隙間を作るために、塩ビパイプでこんなものを用意して型にしてみました。

カイダック フロントフォーク プロテクター塩ビパイプの型

インナーチューブに被せて型にします。

カイダック フロントフォーク プロテクター塩ビパイプをインナーチューブに被せて型にします。

ちなみにエンデューロバイクの倒立フォークには、パーツクリーナーの長い缶がちょうど良い型になるようです。
友人は透明クリアーのカイダックで作って装着してました。


成型は形のややこしい真ん中の部分から成型しました。 ここが位置決めにもなります。

カセットガスでフニャフニャに温めて、低反発スポンジを被せて大まかな形を成型。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

その後に細かい部分をヒートガンで炙って 「耐熱グローブ」 で成型。

片手で動かない様に固定して、もう片方の手でシワを取る様に流しながら、カイダックが冷えるまで繰り返します。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 耐熱グローブで成型。

この「耐熱グローブ」 とても使い勝手が良いのでお薦めです。
 カイダックと一緒にお求めください。


カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 耐熱グローブで成型

加熱する前に、どの様に成形するかシュミレーションしましょう。
低反発スポンジを当てる位置や、シワを取る手の動きとか。

形状が単純な箇所は低反発スポンジで一気に成形。
形状が複雑な所は耐熱手袋で成形しますが、シワが寄り易いので、ゆっくり手を動かして流しながら成形。

加熱後は冷める前に早く成形を始めないといけないけれど、焦らないこと。
しっかり位置決めしてからシュミレーションした様に確実に成形します。
上手くいかなくてもやり直せば良いから焦らずに。
しっかり位置決めしないとズレてやり直す羽目になる。

成型のやり方は、やっていればだんだん分かる様になります。
最初はたっぷり時間を使って楽しみましょう。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

他のストレート部分を低反発スポンジで成型後に、不要な部分を金切狭で切り取って
耐熱グローブで手直し成型。  最後にヤスリや紙やすりで整えて

カイダック ベルトサンダーで削る

ベルトサンダーを手に入れたので、仕上がりも綺麗だし作業も楽になりました。

完成!

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

アウターとインナー 一体型のガードなので、外れて落とすこともないでしょう。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

くびれ形状も上手いこと成型できました。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

クリアランスもしっかり取れて ジャストフィット!

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

今までは市販のプロテクターを付けていたのですが、小さいので
ハンドルが切れた状態で転倒すると、インナーチューブに傷を付けてしまったことがあったのですが

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

これだけ後ろ側もカバーすれば大丈夫でしょ。


フロントフォークのシール部分は、転倒時にぶつけて凹んでしまう事もあるようなので
その部分だけ2mmのカイダックで被うように作ろうかと思っています。
ボトム部も2mmで作ろうか。

Montesa cota315R カイダックパーツ取り付け



カイダックのご購入はこちらから。 アイデア商品の『こんなん堂』
カイダックバナー640


「耐熱グローブ」 詳しくは こちらをご覧下さい。 http://konnandou.com/?pid=111044228




関連するタグ  カイダック 耐熱グローブ
関連記事
[ 2017/01/10 22:39 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

2017 明けましておめでとうございます。

新年一発目のブログということで・・

明けましておめでとうございます。
本年も「こんなん堂」を、宜しくお願いいたします。

年始は毎年恒例の初走りや、あんなとこ、こんなとこへ行ってきたので
写真載せてとこ。

2017初日の出

元旦は、初日の出走りへ行かなくなってしまったので
家で初日の出を拝んだ後、朝から飲んだくれ。

2017元旦 飲んだくれ

こんな元旦も良いですね。

大晦日も、花の舞の吟醸酒を気持ちよく飲んでたら、いつの間にか寝ちゃった。
紅白も見ず、気づいたら行く年来る年だったという。

2017桜淵

桜淵 年々台数が多くなっている気がする。
友達に年始のご挨拶をしたあと、合唱団の方々と初走り!

2017合唱団の方々と初走り!

走るのも楽しいけれど、あーだこーだ話してるのも楽しいもので
ブルーのカイダックのお渡しは、どうしましょう?


4日はタンデム初走り。

4日はタンデム初走り。
なんと30台弱集まりました。

4日はタンデム初走り

これだけ大人数だと待ち時間も多いのですが
縁起物だし、久しぶりの方々にも会えて、楽しとこ走れて 満足です。

4日はタンデム初走り

真冬の 「汗とおる君」 はオーバークール気味だった様ですが、大汗かく山走派には強力にお薦め!
タンデムにも置いて貰ってますので、大将に言ってね。

4日はタンデム初走り

4日はタンデム初走り

いいなー 軽いバイク 足届かないけどさ。

4時過ぎまで走って自走で帰宅後バイクを降りたら太股攣った。冷えすぎたか?
今年はタンデム早朝にも、もう少し顔出したい。


豊川稲荷

初詣も済ませて

豊川稲荷 霊狐塚

霊狐塚もメジャーになって、年々人が多くなってます。

豊川稲荷 飴細工

飴細工 今年はなぜか?エビを作って貰ってた。 おじさん歳取らないなぁ


春華堂

こんなとこ行ったり


近くのお山

近くのお山の巡回もしてきましたよ。

年末から、なんとなく手首に違和感があるのね。

年末から、なんとなく手首に違和感があるのね。

楽しく走りたいから、怪我だけはしたくないなー

少し歩いてお気に入りの場所へ

少し歩いてお気に入りの場所へ


こんな感じの年始でございました。


年末年始にご注文頂いた「カイダック」は、お手元に届いていると思いますが
週末にご注文頂いた分も明日発送いたします。

年末に作った プロテクター製作レポートも、今週UP予定ですので、参考にしてみて下さい。


今年は山走りに使えそうなグッズを作りたいと思ってるのだけど
ミシンを習おうかしら。



カイダックバナー640





関連するタグ
関連記事
[ 2017/01/09 20:35 ] ■店長のお楽しみ | TB(0) | CM(0)

カイダック ケースカバー ガード製作

カイダック ケースカバー プロテクター製作(クラッチケースカバー、ダイナモカバーガード)

Montesa cota315R カイダック クラッチケースカバーガード

以前乗ってたトライアル車は、クラッチカバーの真ん中にクラックが入っていました。
前オーナーが補修してくれてましたが、転倒したときに割ってしまうことがあるのよね。

今乗っているセローも、岩にヒットさせてケースカバーを割ってしまったことがあります。
そうするとオイルダダ漏れで走行不能に。
そんな訳で、セローのケースカバーガードも作りましたが
お山へは補修用のパテを持って走るようになりました。

でも、できるなら割りたくないよね。
そんな訳で、Montesa cota315Rも ケースカバーのガードを製作しました


カイダックは、2mmブラック を使用

カイダックは、ツルツルした面と、ザラザラした面があるのですが
ブラックは成型の荒や傷も目立つので
ブラックでガード類を作る時は、ザラザラしたシボのある面を表にして成型しています。
マットな感じで好きです。

Montesa cota315R カイダック 切り出し

いつもどおりコピー用紙の裏紙で型を取って、金切りバサミでカイダックを切り出します。
今回は成型時に少しズレてしまって、成型をやり直しました。
成型してからカットするので、大きめに切っておいた方が宜しい様で。
どちらが上か? 位置決めになる場所なども、マジックで印しておくと分かりやすいです。

ケースカバーなど、平らな部分の多いパーツは、
最初に低反発スポンジを使って成形します。
カセットコンロでフニャフニャになるまで加熱して
あまり大きくない部品なので、「耐熱グローブ」 でないと熱い。

カイダック 耐熱グローブがあると熱くありません。

クラッチ側は、カバーを外して成型しました。
机に置いた低反発スポンジに沈め込むように押し当てて成型します。
しっかり押さえ込んであげると「HRC」の文字まで浮き上がってきますよ。
ここは一発で決めたいところです。

カイダック クラッチケースカバーガード 低反発スポンジで成型

ダイナモ側は車体に付けたまま成型しましたが
面積が広い部品は、低反発スポンジに板を当てがって、均一に力が掛かる様にすると綺麗に仕上がります。

Montesa cota315R カイダック ダイナモカバーガード

淵側はどうしてもシワが寄るので、ヒートガンで部分的に加熱しながら成形します。
何回も加熱・成型を繰り返すので、「位置決めになる部分」を最初に作っておきましょう。

部分的に修正する時は、ヒートガンで加熱して波打っていたところが戻ってきたら頃合いです。
綺麗に成形出来ている所は、なるべく加熱しない様にします。

加熱できたら片手でカイダックが動かない様に固定して、もう片方の手で成形。
耐熱グローブでカイダックを抑え込むだけでは上手く成形出来ません。
手をゆっくり動かして、シワが出ない様に流しながら
カイダックが冷えるまで繰り返します。

ボルトが入る部分は、ソケットレンチが入るようにしたいので
ソケットレンチを押し当てて成型したり、切り取ったりすると
ガードと一緒にカバー類を取り外せて、整備性がよろしい。

今回、ボルト穴部分はカバーしませんでしたが
パーツによってはボルトで共締めできるように被ってしまって
後からボルト穴を開けても良いかもしれません。 ボルトが緩みやすくなるかな?

成型できたら不要な部分を切り取って、必要があればさらに成型して
ヤスリで整えて完成です。

Montesa cota315R カイダック ダイナモカバーガード

取り付けは強力両面テープで取り付けましたが、厚手の両面テープなら多少はクッションの役割も果たすか?
最初に作ったセローのガードは、間にウレタンスポンジをかませて、ショックを吸収できるようにしていました。

Montesa cota315R カイダック クラッチケースカバーガード

3mm厚のカイダックで作れば、さらに強度が上がります。

プラスチックのガードなので過信は禁物ですが
ちょっとした転倒で、カバー破損ってことはなくなるかな。





カイダックバナー640

「耐熱グローブ」 もお薦め! http://konnandou.com/?pid=111044228


※明日29日まで営業していますので、年内のお届けもOKです。





関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2016/12/28 18:49 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

毎年恒例のしらやなぎでトライアル & 年末BBQ

最近はトライアル練習にはめっきり顔を出さなくなってしまったけれど、BBQはなんとしても参加したいのだ。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

りきへいさんが持ってきてくれるホルモンやお肉が絶品で、ホルモン好きにはたまらんのです。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ
群がる

今年は風も無く暖かで、すこしお腹が膨れたら アホ話も入りながら、まったり のんびりできました。

しらやなぎでトライアルと年末BBQ


お腹がいっぱいになったら、トライアル

しらやなぎでトライアルと年末BBQ


今年はヒルクライム大会になりました。

ターンからのヒルクライム 枯葉の下はけっこうツルツルで あーだこーだ言いながら

ターンでアクセル開けすぎると振られちゃうし、スピード乗せられないと登れないし

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

ヒルクライムに入ってからも、我慢しないと登れないし

そのまま力尽きてバイクと一緒に下まで滑り落ちたり、木に引っかかってモガイたり。
カイダックのおかげでバイクは大丈夫だけどさ、冬なのにひとり大汗掻くという。

難しいなートライアル  でも楽しいトライアル

しらやなぎでトライアルと年末BBQ

今年はこれで乗り収めかな?

Montesa cota315R

浜名湖の湖畔を アベレージを聴きながら帰宅

浜名湖の湖畔を アベレージを聴きながら帰宅

今年もあと一週間 バタバタしてますが がんばるぞっと。





カイダックバナー640




関連するタグ
関連記事
[ 2016/12/26 18:20 ] ■店長のお楽しみ | TB(0) | CM(0)