便利グッズ・アイデア商品の『こんなん堂』 店長BLOG

なんかおもしろいこと なぁ~い? こんなん堂の店長ブログです。

トライアル車 旧車会?

だいぶ前の某日 てんてんゴー渋川(キャンプもできるトライアル場)

そういえば お正月にブルーのカイダック持ってきてよって言われてたんだっけ。
近くのお山ばっかりで、滅多にトライアル練習なんてしないから 良い機会です。

トライアル練習

近場の方でしたら、トライアル場や、楽しいお山とかへ連れてってくれるなら配達いたしますよー

ちなみに カイダック ブラックの2mmは、在庫切れになっております。
1mm、3mmは若干数在庫ありますが、次回入荷時期は未定です。 参ったな〜


ホンダTL125

ホンダTL125   およよ こんなマシン いつのまに?
30年以上前のバイクだら~
先輩がバイアルスに乗ってたな。 友達もイーハトーブに乗ってたっけ。

ヤマハ TY250

ヤマハ TY250  こちらも・・・ どうやら旧車が流行のようです。

Montesa cota315R

自分の Montesa cota315Rも2001年モデルだから 十分古いマシンだと思いますけど
水冷・モノサスマシンは、旧車会には入れて貰えないそうな。

さてさてトライアル練習。 やっぱり全然乗れてません。
でも、旧車会のTYがクリーン連発します。
トライアルほど、上手い下手に差が出るオートバイ競技はないよね。
練習しないと上手くならんし、如何にいい加減に乗ってるかもよく分かります。


てんてんゴー渋川の食堂

てんてんゴー渋川は、食堂があるので寒い冬でも温かいものが食べられます。
お値段もリーズナブル。

暖かい部屋でウダウダしてたら、動きたくなくなりますわ。
こんな休日も良いですね。



日は変わりまして、近所のお山

ホンダ TLM50改

ホンダ TLM50改 怪? これまた古いマシンです。

こういう旧車は、もうパーツ供給は無いでしょうに、どうするのかな?

Montesa cota315R

あたしの Montesaのプラスチックパーツは、ほとんど割れてしまったので
自作カイダックパーツに変えてありますけど
オリジナルパーツが形を留めている間に型にして、
カイダックで作っておいた方が良いんじゃないかね。


イノシシのドロ遊び場

ここのコースは、そこそこ走り応えのあるコースだと思うのですが
TLM50改 怪? かなり走破力あります。

瞬発力はないから、どうしても無理な場所はありますけど
軽量なマシンは、ビービーいいながら登ってきます。 びっくりこきました。


お山でお昼

日向ぼっこしながら、昼飯。

お山でお昼

最近のココ、綺麗になっているのが気になりますが
どこでも、走らせて頂いているって思いで走りましょう。


アリ地獄

初めて来る人は、なかなか登れなかったりするアリ地獄。
ザクザク! 本日も1人餌食になりました。

翌日はなんだか気怠く、若干の筋肉痛!



関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2017/03/15 21:40 ] ■店長のお楽しみ | TB(0) | CM(0)

音楽のある”お風呂” ピタッとスピーカー

あれからもう6年です。
東北の大震災の直後 「お風呂で音楽が聞きたい」 って言われました。

狭いお風呂で 静けさが 怖かったんだと思います。
自分も少し寂しかったですから

ピタッとスピーカー を付けてみました。

それから 自分も お風呂で歯磨きと 音楽を聞くことが日課になりました。

音はモノラルですし、ちゃんとしたステレオスピーカーと比べれは
お世辞にも良い音とはいえませんが
バスルームのエコーが効いて 思ったより”イイ感じ”です。

なにより ゆっくり湯船に浸かって 好きな音楽が聴けること
至福のひととき・・ そんな大そうなものではありませんが
欠かせないものとなりました。



入浴音楽 お風呂の扉がスピーカーになる ピタッとスピーカー
ピタッとスピーカー http://konnandou.com/?pid=98619497



関連するタグ  ピタッとスピーカー
関連記事

カイダック ブラックの納期について

カイダックの 「ブラック」 ですが、只今なかなか入荷しない状況になっています。

カイダック ブラック入荷しました

昨日、1ヶ月待ちでようやく入荷してきましたので、若干数の在庫はあります。
お急ぎの方は、今すぐご注文ください。 → 2mm在庫切れとなりました。

カイダックのご購入はこちらから。 アイデア商品の『こんなん堂』
カイダックバナー640



次回入荷時期がはっきりしないのですが
「在庫なし」の表示になった場合は、以下のリンクからご連絡下さい。
次回入荷次第、ご連絡させて頂きます。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01271483&pid=94543669

ブラック以外は在庫切れの場合でも1週間ほどで入荷すると思いますが
ブラックについては、当分同じ状況が続きそうという情報もありますので、宜しくお願いします。






関連するタグ
関連記事
[ 2017/03/07 13:47 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

カイダック スイングアーム プロテクター製作

カイダック スイングアーム プロテクター製作

スイングアームは、ガレ場などを走ると直ぐに傷付いてしまいます。
自分の Montesa cota315R は、知人に譲って貰ったもので
平谷や近くのガレ沢もガンガン走っているので、既に傷だらけですが
新車なら、直ぐに作って取り付けたいものです。

作り方は、 フロントフォーク プロテクター(ガード)製作 などを参考にして貰えば良いと思いますが
気づいたことを追記。

強度は必要無く、傷防止に使うので、カイダック1mm ブラックを選択。

スイングアームは車体から外さずに、ホイル、スタンド、チェーンガード類など
邪魔になりそうなものだけ外して作りました。

カイダック スイングアーム プロテクター製作

こんな感じ。 最初は低反発スポンジで、細かい部分は耐熱グローブで修正。

スイングアームプロテクターは、スイングアームを被うように成型しましたが
加熱修正しているときに、反対側まで熱が当たってしまって、成型が完了している部分まで変形してしまいました。

耐熱グローブ 熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。

こんな時は、「耐熱グローブ」 で熱を当てたくない部分を覆って加熱すると良いです。
この程度なら、耐熱グローブをしてれば熱くありません。


左側のプロテクターを作っている時に、カイダックをカセットコンロで加熱してスイングアームに当てたら
なぜか短い? 縮んだのか?

カイダック スイングアーム プロテクター製作

加熱すると縮むこともあるので、大きめにカットした方が良さそうです。
今回は、まあイイや って、そのままにしましたが
縮んでも、温めたカイダックは先端を摘んで伸ばせば対応出来る場合もあります。


取り付けは、ネジの共締めとタイラップを使いましたが
取り付け穴の位置決めに、タッチペンを使うとマーキングできます。

カイダック 取り付け位置はタッチペンでマーキング

スイングアームのネジ部にタッチペンを塗って、その上にカイダックカバーを被せると
乾いてないタッチペンの痕がカイダックに付くので、マーキングされた位置に穴を開けて取り付け完了。

カイダック スイングアーム プロテクター製作



年末ライダースカップで、U字溝を逆さにした1本橋から落ちて、早速傷つけちゃった。

スイングアーム カイダックプロテクターにしっかり傷

新車購入の車両なら、即効でカイダックプロテクターを付けたいところです。




カイダック スイングアーム プロテクター製作




カイダックのご購入はこちらから。 アイデア商品の『こんなん堂』
カイダックバナー640


「耐熱グローブ」 詳しくは こちらをご覧下さい。 http://konnandou.com/?pid=111044228



関連するタグ  カイダック
関連記事
[ 2017/02/05 18:13 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

Montesa cota315R のフロントフォークのアウターとインナー 一体型のプロテクター(ガード)を作りました。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

傷防止に使うので、カイダック1mm ブラックを選択。 薄い板だと成型も楽です。
今回もザラザラしたシボのある面を表にして成型しました。マットな感じで好きです。

いつもどおりコピー用紙の裏紙で型を取って、金切りバサミでカイダックを切り出し

アウター側は、カイダックをそのまま被せて成型すれば良いのですが
インナー側は、隙間を作るために、塩ビパイプでこんなものを用意して型にしてみました。

カイダック フロントフォーク プロテクター塩ビパイプの型

インナーチューブに被せて型にします。

カイダック フロントフォーク プロテクター塩ビパイプをインナーチューブに被せて型にします。

ちなみにエンデューロバイクの倒立フォークには、パーツクリーナーの長い缶がちょうど良い型になるようです。
友人は透明クリアーのカイダックで作って装着してました。


成型は形のややこしい真ん中の部分から成型しました。 ここが位置決めにもなります。

カセットガスでフニャフニャに温めて、低反発スポンジを被せて大まかな形を成型。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

その後に細かい部分をヒートガンで炙って 「耐熱グローブ」 で成型。

片手で動かない様に固定して、もう片方の手でシワを取る様に流しながら、カイダックが冷えるまで繰り返します。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 耐熱グローブで成型。

この「耐熱グローブ」 とても使い勝手が良いのでお薦めです。
 カイダックと一緒にお求めください。


カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 耐熱グローブで成型

加熱する前に、どの様に成形するかシュミレーションしましょう。
低反発スポンジを当てる位置や、シワを取る手の動きとか。

形状が単純な箇所は低反発スポンジで一気に成形。
形状が複雑な所は耐熱手袋で成形しますが、シワが寄り易いので、ゆっくり手を動かして流しながら成形。

加熱後は冷める前に早く成形を始めないといけないけれど、焦らないこと。
しっかり位置決めしてからシュミレーションした様に確実に成形します。
上手くいかなくてもやり直せば良いから焦らずに。
しっかり位置決めしないとズレてやり直す羽目になる。

成型のやり方は、やっていればだんだん分かる様になります。
最初はたっぷり時間を使って楽しみましょう。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード) 低反発スポンジで成型

他のストレート部分を低反発スポンジで成型後に、不要な部分を金切狭で切り取って
耐熱グローブで手直し成型。  最後にヤスリや紙やすりで整えて

カイダック ベルトサンダーで削る

ベルトサンダーを手に入れたので、仕上がりも綺麗だし作業も楽になりました。

完成!

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

アウターとインナー 一体型のガードなので、外れて落とすこともないでしょう。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

くびれ形状も上手いこと成型できました。

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

クリアランスもしっかり取れて ジャストフィット!

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

今までは市販のプロテクターを付けていたのですが、小さいので
ハンドルが切れた状態で転倒すると、インナーチューブに傷を付けてしまったことがあったのですが

カイダック フロントフォーク プロテクター(ガード)製作

これだけ後ろ側もカバーすれば大丈夫でしょ。


フロントフォークのシール部分は、転倒時にぶつけて凹んでしまう事もあるようなので
その部分だけ2mmのカイダックで被うように作ろうかと思っています。
ボトム部も2mmで作ろうか。

Montesa cota315R カイダックパーツ取り付け



カイダックのご購入はこちらから。 アイデア商品の『こんなん堂』
カイダックバナー640


「耐熱グローブ」 詳しくは こちらをご覧下さい。 http://konnandou.com/?pid=111044228




関連するタグ  カイダック 耐熱グローブ
関連記事
[ 2017/01/10 22:39 ]  ・カイダック | TB(0) | CM(0)